【Buffalo】【USB2.0外付けHDD500GB】持ち運びや省スペース利用を考慮したコンパクト・軽量設計。ハイスピード&省エネが決め手のBuffalo TOOLS対応。データ転送を、より素早く快適に。

持ち運びや省スペースでの利用を考慮して設計されたコンパクト・軽量ボディー。ただ小さく軽いだけではなく、スタイリッシュ感をも高めた『つやスリム』ボディーで、大人のイメージを演出しました。ミニノートなどと一緒に軽快に持ち運べ、HDDならではの大容量で、パソコンの容量不足を補います。流れるようなボディーラインと光沢感溢れるデザインにこだわりました、ミニノートなどの光沢のあるパソコンとの高い調和性を実現しました。FAT32フォーマット済みで、さっと接続してすぐに使える。USBケーブル1本でパソコンにつなぐだけで手軽にご利用いただけます。ACアダプターなど余分な機器が不要なため持ち運びにも最適です。HDDをより快適にお使いいただけるよう、周辺機器総合メーカーとしての実績を生かし、ソフトウェア集〈バッファローツールズ〉を開発。データの保存、データのコピー、バックアップを高速化する他、HDDの省電力化・ディスクのフォーマットなど便利なソフトウェアも含めた総合最適化ソフトウェア集です。本製品は、機会が多いデータコピーを高速・快適にできる外付けHDDです。コピー時間が短い本製品なら「サッとつないで、サッとコピーし、サッと持ち出せる」ので機動力は抜群です。その秘密は、当社自慢の高速化ソフトウェア『ターボPC』+『ターボコピー』。この組合せが超高速書込みを可能にしました。
※1 測定環境(2010年5月:当社調べ)【測定環境】[PC]M/B:ASUS P7P55D、CPU :Intel Core i7 860(2.8GHz)、Memory:DDR3 8GB、Chipset:Intel P55、OS:Windows7(64bit)、[HDD]HD-PET500U2-RD【測定方法】HDDをPCのUSBポートに接続。PCのHDD内に保存した800KBのファイル1,000個をHDDにコピー。コピー開始から終了までに要した時間を高速化ソフトウェア『ターボPC』と『ターボコピー』のON/OFFで計測。
※計測値はあくまで特定のテスト環境で得られた結果であり、必ずしも全ての動作環境で同様の結果が得られることを保証するものではありません。流れるようなボディーラインと光沢感溢れるデザインにこだわりました、ミニノートなどの光沢のあるパソコンとの高い調和性を実現しました。コピー転送時にデータをまとめて読み込み/まとめて書込みすることにより、転送に伴う内部処理を効率化。コピーを高速化するソフトウェア。パソコン上のデータを本製品に保存する際など、データのコピーや移動で威力を発揮します。HDDは読み書き時を中心にアクセスするため、パソコン使用時の大半は待機状態となります。付属ソフトウェア「ecoマネージャー」は、一定時間データの転送がない待機時に、HDDの回転を停止し「省電力モード」に切り替えます。「省電力モード」時は、通常待機(アイドル)時と比べ、電力消費を約67%※2カット。複数台接続時は個別に設定することも出来ます。本製品は、環境にも家計にもやさしい外付けHDDです。
※2 測定環境(2010年5月:当社調べ)【ecoマネージャー測定環境】[PC]M/B:MSI MS-7125、CPU:Athlon64 3200+、Memory:DDR2 512MB、OS:Windows XP SP3、[HDD]HD-PET500U2-RD【測定方法】HDDをPCのUSBポートに接続。通常の待機(アイドル)時とecoマネージャーでHDD回転停止時の消費電力を計測。
※計測値はあくまで特定のテスト環境で得られた結果であり、必ずしも全ての動作環境で同様の結果が得られることを保証するものではありません。ターボコピーと同じ方式で、バックアップ時のデータ転送を高速化したソフトウェア。バックアップ時の待ち時間を短縮できます。また、指定した時間ごとの自動バックアップなため煩わしさもありません。パソコンに装着されているメモリーの一部をドライブ【ラムディスク】として使用するソフトウェア。ラムディスクはHDDに比べ大幅に高速なため、データを快適に扱えます。利用頻度の高いファイルの作業場所に最適。HDDなどのドライブ機器を簡単にフォーマットすることができるソフトウェアです。本製品をPlayStation